マツナガのものづくり

私たちが大切にしていること

マツナガは「あんしん品質」を追求し続けます。

私たち松永製作所は1974年の創業以来、「挑戦・革新」という社訓のもと、福祉・医療分野の製品作りに邁進してきました。主力の車椅子は業界第1位のシェアを誇りますが、その原動力となったのは、絶えずご利用者様視点で磨き続けたものづくり思想と技術力にあると自負しています。
しかし、私たちの取り組みに終わりはありません。製品をお使いいただく上で最も大切な「安心」や「便利」はもちろん、毎日の暮らしに笑顔が増えていくものづくりを、ひたむきに。
マツナガはこれからも挑戦し続けます。

車いすは、多くの“手仕事”から生まれる工業製品です。

マツナガの車椅子製造の根底に流れているのは、大量生産とは対極をなす一品一様のものづくり思想。人が携わるところと、機械が主導的に作業するところをうまく調和させて、はじめて製品が完成します。
目指しているのは、車椅子としてただ機能するだけでなく、ご利用者様のパートナーとして傍らにいられるもの。そして使い続けるうちに、家族のように思っていただける存在になれるもの。そう願いながら、今日も手仕事に励んでいます。

「メイド・バイ・マツナガ」の車いすを海外にも。

市場は今や、国境を越えて広がる時代です。車椅子をはじめとする福祉・医療分野も例外ではありません。
そのような背景から、マツナガは2014年にタイで車椅子の販売事業を開始しました。製品の基本的な設計は同じでも、ご利用者様にとっての「使いやすさ」や「心地よさ」は国や地域事情によって少しずつ異なります。今後、私たちは「必要する場所に必要とする製品を」という考えのもと、適地適品の開発・生産に注力していく方針です。
マツナガのこれからにご期待ください。

マツナガの思いのカタチ

当社製品カタログのご紹介
車いすのご利用に関しての無料相談
当社製品にお座りいただく機会のご提供
オーダーメイド車いすのご紹介
簡単検索で車いす選び
車いす点検サービス・修理の実施